ユーザー登録
文字サイズ

広報むろらん 2019年(令和元年)9月号

幼児教育・保育の無償化が始まります!

21/52

北海道室蘭市 クリエイティブ・コモンズ

令和元年10月1日から、3歳から5歳までの認可保育所、認定こども園、幼稚園などを利用する子どもの利用料が無償化されます。住民税非課税世帯は、0歳から2歳までの子どもも対象になります。
【幼児教育・保育の無償化のあらまし】
お子さんが利用する施設を確認して、手続きを行いましょう。


※1 副食材料費は、これまでどおり、保護者負担となります。
※2 多子の算定方法は、保育利用では小学校就学前、幼児教育利用では小学校3学年修了前となります。
※3 利用日数などにより月ごとの無償化対象額が変わる場合があるため、無償化相当額は、後日、市からお支払いします。

【手続きの流れ】
■認可保育所・認定こども園(保育所機能)
保育料の無償化:手続き不要(すでに保育認定を受けているので申請不要)
副食材料費の減免:手続き不要(減免対象者には、市から通知します)

■幼稚園・認定こども園(幼稚園機能)

■幼稚園・認定こども園(幼稚園機能)の預かり保育

■認可外保育施設、一時預かりなど
保育の必要性を認定する「子育てのための施設等利用給付認定(新2・3号認定)」の申請が必要です。
※保育の必要性認定には、月60時間以上仕事しているなど保護者が保育を必要とする事由に該当する場合、申請書のほか、保育を必要とする事由を証する書類の提出が必要です。保育の必要性については、認可保育所の入所要件と同様で、市ホームページで確認できます。
【HP】http://www.city.muroran.lg.jp/main/org4510/nyusho-tetsuduki.html
※新2・3号認定を受ける前に利用した日は、無償化の対象外になりますので、預かり保育を利用する前に申請し、認定を受けている必要があります。

■障害児発達支援
詳細は、子ども発達支援センター(あいくる)にお問い合わせください。
【電話】25-5501

幼児教育・保育の無償化の詳細は、市ホームページにも掲載しています。
【HP】http://www.city.muroran.lg.jp/main/org4510/kodomokosodate-mushoka.html

詳細:子育て支援課
【電話】25-2400
【E-mail】kodomo@city.muroran.lg.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル