ユーザー登録
文字サイズ

広報むろらん 2019年(令和元年)6月号

新しい市長・市議会議員(2)

2/56

北海道室蘭市 クリエイティブ・コモンズ

■新しい市議会議員50音順(敬称略)
◎は委員長
○は副委員長
・は所属委員会

≪議長≫
小田中 稔
市政のチェック機能を果たすとともに、地域医療を守り、災害に強いまちを目指すことを基本に、人口減少対策などの政策提言を積極的に行い、室蘭の元気を取り戻します。

≪副議長≫
柏木 隆寿
・民生常任委員会
(1)更なる行財政改革と財政健全化
(2)経済活性化と雇用創出
(3)健康福祉と地域防災のまちづくり
(4)未来を担う子どもたちへの教育負担の軽減と学習環境の充実を進めます。

≪監査委員≫
早坂 博
・民生常任委員会
・議会運営委員会
自主防災組織の充実、室蘭港の利用促進、人口減少の具体的対策の検討、地域経済の活性化、商業・文化施設の充実を図り、高齢者・子育て世代の育成支援に努めます。

岡田 健一
・民生常任委員会
(1)未来につながる魅力あるまちづくり
(2)住民福祉が充実したまちづくり
(3)健全な財政運営
(4)スポーツ振興による元気なまちづくりに全力で取り組みます。

金濱 元一
・民生常任委員会
今回の選挙を通じて地域の声をより聞く機会を得られました。人口減対策や地域公共交通の確保策、子育て施策の充実等、議長経験を基に行政に提言してまいります。

児玉 智明
・民生常任委員会
・議会運営委員会
医療介護の提供体制を守るとともに、子どもの教育環境整備に努める。また、社会的に弱い立場に置かれている方々が不利益を被ることのない社会基盤の構築にも取り組む。

佐藤 潤
・経済建設常任委員会
◎議会運営委員会
高齢社会の中にあって、公共交通のあり方を検討したい。ゆとりある民主教育の確立で教職員の働き方改革を進めたい。医師確保を優先に地域医療の充実に努めたい。

鈴木 和彦
◎経済建設常任委員会
・議会運営委員会
港・モノづくりの活用、活性化による雇用の確保・拡大で元気なまちづくりとともに、人と人のつながりを大切にし、住む人が主役となるまちづくりに取り組みます。

砂田 尚子
・経済建設常任委員会
・広報特別委員会
・議会運営委員会
(1)財政の健全化
(2)市民に寄り添う市役所づくり
(3)産業振興による雇用確保
(4)若者の定住対策
(5)地域医療の確保
(6)教育環境の整備に努め人口減少対策に全力で取り組む。

髙橋 直美
◎民生常任委員会
・白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
室蘭の特色を活かした地域経済の活性化、人口減少、高齢化社会への対応、格差社会などの諸課題に取り組み、持続可能な自立と共生のまちづくりのため力を注ぎます。

滝口 紘子
○経済建設常任委員会
・白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
市民の声と力を市政に活かせることが大切だと考えます。室蘭のもつ価値を大切にし、ハンデを抱えていても、安心して暮らせるまちを目指して頑張ります。

田村 農夫成
◯民生常任委員会
・白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
人口減少を理由とした新たなまちづくりが進められています。大事なことはまちこわしにならないことです。市民の意見をよく聞き議会論議に反映するため、全力を尽くします。

常磐井 茂樹
・総務常任委員会
○広報特別委員会
・議会運営委員会
〝弱い人にこそ政治の光〞をモットーに、国保・介護保険料の引き下げの実現と給食費の負担軽減などに全力で取り組みます。

長岡 充洋
○総務常任委員会
・広報特別委員会
すべての人が笑顔で暮らせる元気な室蘭の実現を目指します。そのためにライフラインと福祉の充実、災害に強いマチづくりを重点課題として取り組みます。

羽立 秀光
・経済建設常任委員会
少子高齢化対策をさらに推進したい。また、明るい未来を築くため行財政改革と議会改革、議員定数を18人に削減(多くの市民の声)等々に取り組みたい。

早川 昇三
◎総務常任委員会
・白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
・広報特別委員会
人口減少を踏まえ、多くの技術を持つ企業、地域に根差した医療機関、災害に強い港、景勝地など室蘭が持つさまざまな可能性、特性を活かしたまちづくりに取り組みます。

古澤 孝市
・総務常任委員会
○白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
◎広報特別委員会
50年間に渡り人口の減少が続く室蘭は、人口減対策が大きな課題。中小零細企業および中小商業者の後継者育成支援、また、高齢化社会に魅力のある対策で安心室蘭を目指す。

細川 昭広
・総務常任委員会
◎白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
人口減少や少子高齢社会に対応したまちづくりは、国、道と連携し近隣市町とこれまで以上に協力関係の強化が必要と考える。よって将来は市町の合併も視野に入れる。

水江 一弘
・総務常任委員会
人口減少への対応策として企業誘致や観光活動に力を入れる。発信力を強め、選んでもらえる・住んでもらえるまちづくりに取り組み、市民福祉の向上につなげたい。

南川 達彦
・総務常任委員会
・白鳥新道・幹線道路建設促進特別委員会
○議会運営委員会
市政のビジョンを明確にして、公共施設の建て替えなどに市民の声を反映させます。世代を超えて地域ぐるみで支え合う「地域のつながり再構築」に取り組みます。

我妻 静夫
・経済建設常任委員会
室蘭のものづくり産業などの雇用吸収力と充実する子育て・教育環境、並びに高度医療の優位性、災害に強いまちを総合的に捉えた人口定住などの政策に取り組みます。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル