ユーザー登録
文字サイズ

広報むろらん 2019年(令和元年)12月号

令和元年度 室蘭市表彰(1)

3/52

北海道室蘭市 クリエイティブ・コモンズ

長年にわたり、市政の発展に貢献された7人の皆さんが、功労表彰に選ばれました。また、スポーツ振興、芸術文化、生活文化伝承、青少年活動に貢献された2団体と25人の皆さんが、スポーツ・芸術文化・生活文化伝承者・青少年育成者・青少年表彰にそれぞれ選ばれました。

(敬称略)
■功労表彰
◆公益功労
◯石橋博信(いしばしひろのぶ)
元道南バス(株)代表取締役社長

商工会議所副会頭として、「ツーリズムEXPOジャパン2017」への出展など、交流人口の拡大による地域経済活性化に尽力した。
また、宮蘭フェリー航路開設にあたり、関係機関と広域的に連携しながら各種交流事業を実施するなど、本市の産業・経済および観光の振興・発展に貢献。

この度は、商工会議所様よりご推薦いただき栄誉ある功労表彰を賜り、身に余る光栄に存じます。これもひとえに地域の皆様のご支援、ご鞭撻と道南バス社員の方々の支えあっての賜物と深く感謝いたしております。今後とも地域の発展を願っております

◯中島千秋(なかじまちあき)
民生委員児童委員

民生委員児童委員として、本輪前室蘭市議会議員西地区民生委員児童委員協議会会長を歴任するなど、長年にわたり、地域の福祉問題の解決や関係機関との連携に積極的に取り組む傍ら、後進の育成に努めるなど、地域福祉の向上に貢献。

この度は市功労表彰を拝受することとなり、身に余る光栄と感謝しております。民生委員を拝命してから、今年で三十年が経過しました。その間、市の会長、道の副会長も経験させていただき、心の大きな財産となりました。まだ、定年まで五年間、微力ながら努めます。

◯稲川昭(いながわあきら)
医師

学校医として児童・生徒の保健衛生に尽力した。
また、室蘭市医師会の理事・副会長・会長の要職を歴任するなど地域医療の普及・充実と公衆衛生・保健衛生の向上に貢献。

この度は栄えある功労表彰を賜り、誠に光栄に存じます。これもひとえに公益法人としての医師会活動を支えていただきました会員の皆様並びに関係各位のご指導、ご協力のお蔭と深く感謝いたしております。今後も微力ながら地域医療に精進してまいります。

◯柴田信行(しばたのぶゆき)
歯科医師

学校歯科医師として、児童・生徒の口腔衛生意識の高揚と健康増進に尽力した。
また、室蘭歯科医師会の理事・副会長・監事の要職を歴任するなど、歯科保健活動の推進と公衆衛生・保健衛生の向上に貢献。

この度は、栄誉ある功労表彰を賜り、誠に光栄に存じます。これもひとえに地域の皆様方、歯科医師会並びに会員の方々のご支援ご指導の賜物と深く感謝申し上げます。今後も微力ながら地域の口腔衛生管理活動に貢献できますように精進してまいります。

◯門馬(もんま)ヨシエ
人権擁護委員

長年にわたり、人権擁護委員として老若男女を問わず、悩みごと・困りごとを抱えた地域住民の救済や相談相手となるなど、弱者支援に努めるとともに、基本的人権思想の普及・啓発に尽力し、市の公益に貢献。

人権擁護委員としての功労を認めて頂き嬉しく光栄に存じます。昨今の憂える社会状況に誰もが、平穏に暮らせる社会になって欲しいと思います。今迄に培ったことを糧に人との和を大切にし、自分のできることで助け合いながら地域の皆様に貢献したいと思っています。

◆自治功労
◯徳中嗣史(とくなかつぐじ)
前室蘭市議会議員
平成11年5月から平成31年4月まで5期20年にわたり、市議会議員として、市政の発展に貢献。

この度は栄えある功労表彰を賜り、誠にありがとうございます。平成11年5月から20年間の市議会議員活動をお支えくださった市民の皆様に厚く御礼申し上げます。これまでの経験を生かして、今後も地域の皆様と一緒に室蘭市の繁栄のため努力して参ります。

◆教育文化功労
◯工藤忠弘(くどうただひろ)
室蘭水泳協会会長

スポーツ少年団の指導者として、青少年の健全育成に尽力した。
また、室蘭水泳協会の理事・副理事長・理事長・会長の要職や室蘭市体育協会の監事などを歴任し、本市スポーツ振興に広く貢献。

この度は、栄誉ある功労表彰を賜り誠に光栄に存じます。これもひとえに諸先輩、スポーツ関係の皆様方のご指導、ご支援のたまものと深く感謝し、お礼申し上げます。今後も微力ながら受賞に恥じぬよう、市民のために、スポーツの普及発展に、尽力させていただく所存です。

■芸術文化表彰
◆芸術文化奨励賞
◯室蘭地方史研究会
歴史研究

昭和34年の創立以来、史学・民俗・考古学など多彩な研究分野で、学術的立場から室蘭地方の文化研究活動を続け、会誌での成果発表などを通して歴史の再評価や再認識に大きな役割を果たしている。
また、地方史研究の後進の育成や歴史学習を通じて自由に交流できる場を市民に提供するなど、室蘭の歴史研究とその普及に尽力している。

◯日本詩吟学院室蘭支部
詩吟

昭和30年の創立以来、会員の吟技向上をはじめ、日々の研鑽を通して豊かな人間性を培い、吟道を誇るべき日本文化として継承するため活動している。
市民文化祭には、昭和33年から毎年参加するなど、多くの行事に参加し、吟道文化に触れる機会を提供している。幅広い世代の会員がさまざまな種類の詩吟を披露し、本市の吟道文化の継承と発展に寄与している。

■生活文化伝承者表彰
◆生活文化伝承者
◯今野孝之(こんのたかゆき)
紋章上絵

紋章上絵師として、室蘭手わざ主催の「手わざ展」に毎回参加し、紋章上絵と他技術との協同作品を手掛けている。身近な物の作成を通して、紋章上絵を体験できる場を提供し、技術を広めている。
また、市内各小学校でものづくりに関わる講師を務めるほか、来蘭した修学旅行生に「手わざ教室」を行うなど、紋章上絵技術の啓発と普及に努めている。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル