ユーザー登録
文字サイズ

広報むろらん 平成31年2月号

平成30年分 市・道民税の申告、確定申告のお知らせ

12/51

北海道室蘭市 クリエイティブ・コモンズ

■市・道民税申告、還付申告
3月15日(金)まで

■確定申告
2月18日(月)から3月15日(金)まで
2月18日から確定申告と市・道民税申告、還付申告の期間が重なるため、混雑状況により長時間お待ちいただく場合があります。市・道民税申告、還付申告をする場合は、可能な限り2月15日までに申告をお願いします。

詳細:市・市税課市民税係
【電話】25-2294
(〒051-8530海岸町1-4-1むろらん広域センタービル)
※土・日曜日、祝日の受け付けは行っていません。

■室蘭税務署での所得税などの確定申告
2月18日(月)から3月15日(金)まで
(相談受付時間 9:00~16:00)
※2月15日以前は確定申告会場を開設していませんので、確定申告の相談は2月18日以降にお越しください。
なお、会場の混雑状況により受け付けを早めに締め切ることがあります。

詳細:室蘭税務署
【電話】22-4151
(〒051-0023入江町1-13)
※土・日曜日、祝日の受け付けは行っていません。

□市・道民税の申告について
今年の1月1日現在、市内に居住している人は市・道民税の申告が必要です。
ただし、確定申告書を提出する人や勤務先で年末調整済みの人は、申告する必要がありません。
申告方法:市・市税課市民税係に直接または郵送。
※昨年、市・道民税の申告を行った人には、1月に申告書を郵送しています。該当事項を記入し、返送してください。申告書は市・市税課(むろらん広域センタービル)、市役所本庁舎正面玄関、蘭東支所にあります。

□申告書はホームページでも作成できます
国税庁ホームページ(【URL】https://www.nta.go.jp/)の「確定申告書等作成コーナー」で、所得税や贈与税などの確定申告書を作成することができます。
また、作成したデータは「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」を利用して送信することができるほか、印刷して郵送などによる提出もできます。

□医療費控除の明細書は必ず添付してください
医療費控除の適用を受ける場合は、「医療費控除の明細書」の添付が必要です。
医療費控除の明細書には、治療を受けた人ごと、病院・薬局ごとに医療費を合計して記載する必要があります。
※医療費の領収書の提出は不要ですが、自宅で5年間保存し、税務署から求められたときは、提示や提出を行わなければなりません。

□障害者控除について
65歳以上の要介護認定を受けている人で、一定の基準を満たしていれば、障害者手帳を持っていなくても、障害者控除の対象になる場合があります。

詳細:市・高齢福祉課介護認定係
【電話】25-2861

□確定申告書にはマイナンバーの記載が必要です
申告をする人や扶養親族の人などのマイナンバーの記載が必要です。また、マイナンバーを記載した申告書を提出する都度、申告者の本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。(控除対象配偶者、扶養親族および事業専従者などの本人確認書類は不要です)

□税金の相談は、まずは電話で
税務署に掛けていただいた電話は、自動音声で案内が流れます。自動音声で「0」を選択すると「確定申告電話相談センター」の職員が相談に応じます。質問の内容によって書類や事実関係の確認が必要な場合には、税務署の担当職員に取り次ぎます。

詳細:室蘭税務署
【電話】22-4151

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル