ユーザー登録
文字サイズ

広報むろらん 平成31年2月号

まちかどトピックス

17/51

北海道室蘭市 クリエイティブ・コモンズ

■来年こそは…
初日の出を拝もうと、早朝から多くの市民と観光客など約500人が地球岬展望台に訪れた。日の出時刻には、雲の切れ目から青空が見えて期待は高まったが、残念ながらご来光は拝めなかった。訪れた人は、「平成最後の初日の出だったのに、残念」と語りながら、新しい元号で迎える来年の初日の出を期待していた。(1月1日)

■親子でスマッシュ
スポンジテニス新春親子体験会が、市体育館で開催され、親子連れ約40人が競技を楽しんだ。この催しが今年はじめて運動という参加者が多く、サーブの基礎や実戦形式の練習に親子で汗を流した。初めてスポンジテニスを体験した子どもたちが、なかなかラケットでボールを捕らえられない様子に、会場はやさしい笑顔に包まれた。(1月5日)

■笑顔で大人の仲間入りを祝う
室ガス文化センターでは今年も成人祭が開催され、539人の新成人が参加した。華やかな振り袖やスーツに身を包んだ新成人達は、久しぶりに会う同級生や友人とともに笑顔で大人の仲間入りを祝った。会場ではジャズ演奏や抽選会、中学時代の恩師によるビデオレターなどが行われ、たくさんの笑顔があふれていた。(1月13日)

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル