ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

4月から水道料金を改定します

2/45

北海道室蘭市 クリエイティブ・コモンズ

4月から改定される水道料金について、計算方法や新料金が適用される時期などをお知らせします。
※今回は、下水道使用料の改定は行いません。

■料金改定の背景
水道料金は、平成8年4月1日の改定以来、業務の見直しや知利別浄水場の休止など施設の効率的な運用を行い、経費節減を進め、道内でも安価な料金を24年間維持してきました。
しかし、人口減少や節水機器の普及に伴い給水収益が減少しています。今後もこの状況が続くと予想され、また、安全・安心な水を安定的に供給するためには、老朽施設の更新や耐震化を進めるための資金が必要となります。そのため、4月から水道料金を改定することになりました。

■家事用部門新料金表

■新料金の計算例
家事用部門の新料金を一般家庭で使用した水量を例に計算します。
例)一般的な家庭の口径である13mmで、2カ月の使用水量が33立方メートルの場合前半1カ月を17立方メートル、後半1カ月を16立方メートルとする(1カ月当たりの使用水量は、2カ月分の検針水量を月当たり均等の使用水量とみなし、計算します)
※下水道使用料は含まれていません。
※自宅などで使用している水道の口径は、検針票に記載されています。

■新料金の移行時期
水道料金は、2カ月に1度の検針・請求を行っています。検針月は地域によって異なります。3月31日以前から継続して水道を使用している人の新料金への移行時期は以下の通りです。

新料金の早見表などは、市ホームページにも掲載していますので、ご覧ください。

詳細:水道部料金課
【電話】44‒6118

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU